ニュース

カテゴリー:ブログ

新先斗町の町屋ゲストハウス

京都の鴨川沿いで完成間近の新先斗町の町屋を改装したゲストハウスに栃の無垢板を納品させていただきました。

現場では仕上げに向けて様々な職人さんたちがバタバタとお仕事をこなされていました。

 

 

今回は設計事務所から依頼を受けて、黒を基調とした空間に映えるように煌びやかな杢が特徴の栃の木の板をご提案させていただきました。

こちらは二階のシャワールーム。

 

 

赤身や青筋もアクセントになって、渋い空間を演出してくれました。

 

 

こちらは一階の洗面台。

コンパクトなサイズですが、空間をしっかりと引き締めてくれました。

 

 

一階の床の間です。

間接照明とも相性良く収まってくれました。

 

 

まだホテルの詳細は発表されていませんが、ぜひ一度泊まってみたいと思える素敵なゲストハウスでした。

設計はいつもお世話になっているSTUDIO MONAKA様です。

ページトップへ